» 未分類のブログ記事

忘れずに靴箱対策もしよう

| 未分類 |

靴箱の臭いが気になっている方は多くいるのではないでしょうか。湿気が溜まりやすく、悪臭が出てしまいがちな場所だと思われます。細菌も繁殖しやすいようです。このままではせっかくの玄関も不潔な印象になってしまうでしょう。そんな時に便利なものがコーヒーカスと新聞紙です。新聞紙は湿気を吸いとる効果があり、インクのにおいも消臭効果をもたらしてくれます。また、コーヒーカスはきちんと水分を飛ばしてから、靴の中に入れると優れた脱臭効果を発揮します。水分の飛ばし方は、レンジやフライパンで可能なのでとても簡単です。茶こしのような袋に入れれば脱臭剤の出来上がりです。精油を少し混ぜることで、殺菌効果も出せるので試してみると良いでしょう。その他、カスに塩を入れることで吸湿作用ももたらすことができ、重曹を入れることでカビ防止をすることができます。お金をかけずに、こんなにも万能性の高い脱臭剤を作ることができるのです。新聞紙とコーヒーカスは靴の掃除以外でも活躍の場がある素材なので、無闇に捨てたりせず、取っておくと何かと便利でしょう。このような知恵を身に付けておくと、節約にもなり日常生活もきっとより良いものになるでしょう。

裏ワザは冷凍庫で一晩冷やす

| 未分類 |

靴の匂いというのは、なんとも不快なものです。
ついた匂いを取り除くために、消臭スプレーで吹き付けたり、特別なクリームを塗ったりしているケースも見聞きします。
ただ、効果のほうは、もうひとつ明確な結果が得られていないようです。
実は、靴の匂いをとる、とっておきの裏ワザがあるのです。
それは、多くの家庭にある、身近なものの中に一晩入れておくだけで、きちんと対応ができるのです。
具体的な手順を言いますと、まず、そこに入れる前に、靴を日光で乾かします。
気をつけなければならないのは、靴の内底もしっかり乾かすことです。
あるいは、ドラッグストアなどで売っている、バクテリアを駆除する内底に入れ替えても大丈夫です。
そして、靴が乾いたことを確認して、ジップロックなどのプラスチックバッグに入れて、そこで、冷凍庫に入れるのです。
一晩冷やせば、低温度によって、悪臭の原因となっているバクテリアが死んでしまうのです。
靴から出てくるあの悪臭の原因である繁殖したバクテリアが、冷凍されることで死滅してしまうので、匂いも消えるのです。
万が一、冷やしてもまだ匂いが残っている場合は、重曹か靴の消臭剤を入れて、さらにもう一晩置きます。
こういった簡単な手法で靴の嫌な匂いがなくなるのです。

部屋の中の、匂いを消す作用があると言われているのが活性炭の働きです。
毎朝、朝食にパンを食べる人も多いと思います。
たまに、失敗をして真っ黒になることがあります。
食べるには、少し酷いという時は、捨てることにしますが、それはもったいないです。
食べることは、無理でも違うことで再利用が可能です。
そうような時は、とことん焦がして黒くしていまします。
真っ黒な炭のようにした、焦げパンは脱臭剤の代用として効果があります。
一番効果がでるのが、冬になると活躍をするブーツです。
しかし、ブーツは中に足の匂いがこもりやすくて取ることが難しいです。
そんなブーツの脱臭に、これが役立ちます。
一晩中、中にこの焦げたパンを入れることで効果を発揮します。
簡単で、自宅にあるものでできるので便利です。

また、焦げたパンはその理由は、焦げたパンには活性炭と同じように多孔性の炭となります。
この穴の部分にニオイの原因物質や湿気を吸着してくれる事で効果が出てきます。
表面が、ザラザラしていることからも表面積が大きくなり脱臭に作用していきます。
食べることが、できなくなったパンでもこれはできませす。
ただ、炭のように黒くなるまで焼くだけで完成します。

靴を脱ぐ時に気になるのが、足の臭いです。
特に、雨で濡れると余計に中が蒸れて臭くなる時があります。
恥ずかしいのと、すぐに臭いを消すことができないので本当に困ります。
それを、予防する簡単な方法があります。
誰もが、お財布の中にある10円玉を使用するのです。
それは、原料である銅が雑菌やバクテリアを殺菌し、分解してくれるからです。
殺菌効果は、銅から発生する銅イオンが作用しているためになるべく新品に近いものを使用すると効果がアップします。
そして、注意として履く前には必ず取り出すことです。
靴の中に、入れたまま履いているとカビが生えやすく肌に触れる部分なので衛生面でも問題があります。
靴の臭い対策には、効果がありますがひどい場合は効果がでにくくなります。
そのために、新しい靴の間から入れておくと予防ができます。
そして、臭いが不安な場合は、枚数を増やすことがおすすめです。
また、靴だけでなく足も清潔に保つことも同時に大切です。
また、足の臭い対策に、入浴時時よく足の指を洗うことは当然ですがその後、髪の毛を乾かすように、足もドライヤーでキチンと乾かすと臭いが軽減します。
気になる、足と靴の臭い対策は自宅でできます。

忘れずに靴の対策もしよう

| 未分類 |

暑い季節になると蒸れによる足のにおいが気になるものですが、ソックスや足のケアだけでなく靴の対策も重要です。
汗をかくとどうしても蒸れて臭くなってしまうので、スニーカーのように洗って汗を落とせれば一番いいのですが、革製など洗えないものは湿気を取ることが大切です。湿気を取るためには直射日光の当たらない風通しの良い場所で陰干しするといいでしょう。また、新聞紙を丸めて中に詰めて湿気を吸収させたり、乾燥材や脱臭剤があればよいのですが、わざわざ購入しなくてもお菓子や海苔を買った時に一緒に入っているシリカゲルなどの乾燥材をとっておいてビニール袋と一緒に入れて封をしておくだけでも湿気を取ってくれます。
臭いのもととなるのは汗によって繁殖したバクテリアが原因になりますが、バクテリアを殺すためには10円玉を何枚か中に入れておくだけで銅の効果で死滅させることができます。バクテリアは低温でも死滅させることができるので、冷蔵庫に一晩入れておくのも効果的ですが、食品が多く入っている冷蔵庫なのでビニールに入れてしっかりと封をしておくことは重要です。また、一日おきにするなど毎日履かないようにして完全に乾燥させるのも効果的です。

消臭効果のあるミョウバン水

| 未分類 |

足が臭くなってしまうのは足に汗をかくことで皮膚がふやけ剥がれ、細菌の餌になりその増えた細菌が出す老廃物が足のにおいになってしまいます。それを解決するのに役にたつのがミョウバン水です。殺菌作用と制汗作用、収斂作用、アンモニア臭を中和することができて、細菌が増えにくい環境にすることができ、臭くなるのを防ぐことが出来ます。作り方は非常に簡単で焼きみょうばん50グラムを水800mlを沸かしお湯で混ぜ溶かしさらに水を800ml足して混ぜたら出来上がりで冷蔵庫で1週間くらい持ちます。出来たものを足を洗って綺麗にしたあとスプレーしてタオルで拭くことで匂いを抑えてくれ、また匂いの元になる汗を抑える効果もあります。また消臭効果のあるペパーミント、ユーカリ、レモングラスなどのアロマオイルを数滴たらすとより効果的に体臭対策になります。足だけではなく洗濯した靴下の気になる部分に使うと乾いた時には匂いがなくなっています。効果が高いのに安価でみょうばんはスーパーや薬局では、60g~70gで100円程度で買うことが出来て市販のデオドラント製品と変わらない効果があるので匂いに悩んでいる人にとても嬉しくて魅力的なものです。

正しい足の洗い方

| 未分類 |

足は正しく洗うようにしておかないと、臭いが気になってしまうことがあります。冬はブーツを履いたりしますし、ストッキングもはくので、臭いがつきやすいのです。では、どのような洗い方が正しいのでしょうか。
まず、足を洗面器などにはったお湯につけて、水分を吸収させます。その後、石けんで洗っていくのですが、ボディソープではなく固形石鹸を使うようにしましょう。ボディソープには保湿成分が入っているため、蒸れの原因になってしまうのです。保湿成分が入っていない固形石鹸を泡立て、泡であらっていくようにします。軽石などは使わず、必ず手で洗うようにすることがポイントです。傷がついてしまうと、そこに雑菌が入り、臭いの原因になるためです。指の間も丁寧に洗うようにしましょう。また、角質ケアも大切です。洗い終わった足の水分を拭き取り、乾いた状態で角質ケアを行うようにします。やすりは1方向にかけるようにしましょう。往復はさせず、一箇所につき10回程度を目安にして行います。入浴中はふやけてしまい、除去しすぎてしまう可能性があるので、行わないようにしましょう。
このように正しく洗うようにすれば、足もきれいになり臭いもなくなります。

冬などの寒い季節を迎える頃になりますとブーツを履いている女子を見かける機会も多くなっているでしょうが、そんな寒い季節の定番ファッションアイテムのブーツが足の臭いに大きく関わってくるのをご存知でしょうか。
とある実験結果によるとクサいというイメージを持つ人達が多い革靴おじさんの足よりも、ブーツ女子の足の方が5倍クサいなどという結果も出ているようなのです。
またブーツと合わせてストッキングを履いた女子の足は革靴と靴下の組み合わせの男子よりも臭いの原因となる雑菌の増殖率が23倍になるという報告まであるようなのです。
ではなぜブーツとストッキングを履いた女子の足がここまでクサくなってしまうのかについてですが、ブーツは丈が長くなっているものが多いですし、厚手の素材で作られる事も多いですから、ブーツの中の湿度や温度が高くなり蒸れやすくなり、さらに合わせてストッキングも履く事で余計に蒸れやすくなってしまうからなのです。
そのため汗が蒸発しにくいブーツの中で足の臭いの原因となる雑菌量が増えやすい環境になってしまい、革靴と靴下の組み合わせの男子やおじさんよりもブーツを履いた女子の足の方が臭くなってしまうようなのです。

足が臭くなるメカニズム

| 未分類 |

夏場に限らず、冬でもブーツなど足が蒸れやすい靴を履くと足の臭いが気になる方は多く、そのための消臭グッズが数多く販売されています。
足の臭いの原因として、汗が臭いからと勘違いされている方もいらっしゃいますが、そもそも汗というのは無臭です。ではなぜ足が臭くなるかというと、汗とともに流れ落ちた古い細胞や角質、皮脂などが表皮に常在する表皮ブドウ球菌やレンサ球菌、コリネバクテリウムなどの細菌によって分解され臭いを発生するのです。臭いの原因物質は「イソ吉草酸」と呼ばれる物質で悪臭物質とされています。
ブーツなど通気性の悪い靴やストッキングなど汗を吸収しにくい素材では、足汗で靴の中が蒸れ温かくなるため、適度な温度と湿度が揃い細菌にとっては最高に増殖しやすい環境となります。特に足は身体の中でも汗腺が密集している場所であり、一日で両足合わせてコップ一杯分程度の汗をかくと言われています。コップ一杯分の水分が密閉された空間で温められていれば、足の裏の菌が増えるだけでなく、靴へと移動し定着、そのまま靴でも増殖してしまうためますます臭いがきつくなるのです。こうした足の蒸れは臭いの原因になることはもちろん、水虫の原因にもなるうるので注意する必要があります。