足が臭くなるメカニズム

| 未分類 |

夏場に限らず、冬でもブーツなど足が蒸れやすい靴を履くと足の臭いが気になる方は多く、そのための消臭グッズが数多く販売されています。
足の臭いの原因として、汗が臭いからと勘違いされている方もいらっしゃいますが、そもそも汗というのは無臭です。ではなぜ足が臭くなるかというと、汗とともに流れ落ちた古い細胞や角質、皮脂などが表皮に常在する表皮ブドウ球菌やレンサ球菌、コリネバクテリウムなどの細菌によって分解され臭いを発生するのです。臭いの原因物質は「イソ吉草酸」と呼ばれる物質で悪臭物質とされています。
ブーツなど通気性の悪い靴やストッキングなど汗を吸収しにくい素材では、足汗で靴の中が蒸れ温かくなるため、適度な温度と湿度が揃い細菌にとっては最高に増殖しやすい環境となります。特に足は身体の中でも汗腺が密集している場所であり、一日で両足合わせてコップ一杯分程度の汗をかくと言われています。コップ一杯分の水分が密閉された空間で温められていれば、足の裏の菌が増えるだけでなく、靴へと移動し定着、そのまま靴でも増殖してしまうためますます臭いがきつくなるのです。こうした足の蒸れは臭いの原因になることはもちろん、水虫の原因にもなるうるので注意する必要があります。